ライセ西武秩父駅前温泉

181203_1718~01.jpg
大花火大会
秩父夜祭りの恒例大会

また内容に一工夫もあり
楽しき冬の花火大会

あれっ
駅前のスーパー銭湯温泉なり
昨日も昼に入ったが
今夜はさすがに大混雑と

しかし
入り口割りと静か

露天風呂から花火など見られたら…

いやいや
そんな贅沢な…

でも
入ってみた

昨日昼より空いている
湯船によって貸し切りなり

花火19時過ぎに始まる

露天風呂ひさしで一部かけるも
種類によっては大輪が目前

こんな贅沢
千円ほどで…
しかも冬の寒気なく
露天風呂で楽しい時間

写真は上町屋台

少し時間は戻ります
夕方
猪汁うどん食べたら向こうからやって来た

他の屋台はお飾り中も
上町屋台は秩父神社へ向かいます

見送っていると向かって右手下

林家たい平さんがいます

ぶらして撮影

50過ぎて一生一度の囃子手

メデタシ

ライセ

ライセ秩父夜祭り大祭

181203_1522~01.jpg
飾り付け真っ盛り

素人歌舞伎あり

神様と
今宵御旅所へ

昨日日帰り
本日は始発まで…

秩父錦熱燗一合
猪汁うどんで
ポカポカ


メデタシ

ライセ

ライセ秩父神社

181202_1013~01.jpg
秩父神社

晴天

明日は大祭

メデタシ

ライセ

ライセ神大神楽奉奏

181202_1030~03.jpg
秩父夜祭り

壮大な夜祭り

三日が全屋台御旅所集合

本日は宵宮

いつもは三日のみ
夕方から夜明けまで
本年は初の二日参り

お神楽も
ご休憩から
いま
また始まりました

秩父神社にて

御神酒と
初の本町木札を頂く

御神酒は素焼き盃つきで三百円

木札一枚三百円
二枚で五百円
二枚頂く

メデタシ

ライセ

ライセ幽霊画

181118_2333~01.jpg
16日13時より公開
行徳
徳願寺丸山応挙
幽霊画

数年前に手に入れた
市川市行徳案内
パンフレット

たまたま14日に
パラパラと

あれっ
16日年に一度の
一般公開

行きましょう

行きました
徳願寺本堂手前の
御堂内

応挙の画

宮本武蔵の達磨画

幽霊はモデルあり
応挙が宿でバッタリ
胸の病の女中さん

まぁびっくり

\(◎o◎)/

これだ!!

そしてライセも
御対面


御堂内撮影禁止

出てから
ギリギリの風景
として

以前は本堂奥の
暗がりに
ローソクの炎のみ
子供は泣く泣く

しかし
人々の行列絶えず
今回は明るい御堂
にて対面

隅々まで御対面

数百年の衰えなし

一度新たに表装
したそうな

まだまだご健勝な?
幽霊画

メデタシ

ライセ

ライセビリケンさん

181026_1522~01.jpg
流山市運河駅近く
運河を見守るビリケンさん

我が家から自転車一時間とチョッと

金ピカ

本来は石のビリケン

誰かに壊され修復中

大阪から贈られた代替さん

これはこれで話題に

被害は怒り

でも
ビリケンさんは
ピカピカ
ニコニコ

メデタシ

ライセ

ライセ2018ご命日

090114_1620~02.jpg
本日は
丹波哲郎
ご命日
1922*07*17〜2006*09*24


夕方より
いつもの
所縁の集い

再会の夕べ

メデタシ

ライセ

ライセ美川温泉

180914_1437~01.jpg
本年1月に訪れた
石川県白山市美川

還暦近いと
白山市は
いまだ馴染まぬ


石川郡美川町

写真の温泉施設
銭湯なり

色は
コーヒーまたは
コーラの様な

海岸近いが
塩味はない

東京にも多い色

質感はぬるぬる

風呂上がりは
サラサラ
軟水の湯

温まる

安いが
贅沢な余裕を頂く

地元は当たり前

尋ね人には
価千金

メデタシ

ライセ

ライセ今江

180912_1458~01.jpg
石川県小松市
小松駅より粟津方面へ徒歩30分


今江潟あり
今は干拓農地

今江温泉あり
銭湯なり
朝六時から営業

近くの今江小学校
緩やかな丘の上
標高20メートル程が城跡
今江城趾
石碑の文字は
元総理
岸信介の筆

何故
どの様な御縁で

近隣に前方後円墳
今は削られて形なし

今江
戦国時代は
守護職の派遣争い
その隙に
一向一揆
次いで
信長方
また一向一揆
最後は豊臣方に落ちる

当時
目の前は今江潟
北陸道あり
要害の地

武士が金沢の一向一揆に対する際の前線基地


江戸時代は城ではなく加賀藩の収蔵庫


今は少年少女の学び
遊びの場

メデタシ

ライセ

ライセ八号目

180902_1705~01.jpg
九月二日夕方
富士山吉田ルート上り八号目

ここで泊まり
午前一時山頂目指す

山頂は霧から雨に
手の感覚無し

ライトダウンの上着に長袖とカッパ
されど寒し

カメラ操作もままならぬ

山頂の写真無し

下れば二時間で25度の下界へ

夏から冬
冬から夏へ

愉しく登山

三度目で酸欠も体験
確かに老化
来年還暦

メデタシ
ライセ

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM